霊能者

霊感占い情報サイト

霊能者

霊能者(れいのうしゃ)とは、霊的存在や霊的世界と接触・交流する能力(霊能力)を持つとされる人物です。ただし、一般に、霊能力は、超心理学の研究対象ではありますがが、現時点で科学的な根拠はありません。

いわゆる“霊感体質”(霊媒体質)は霊的な物を「感じてしまう」という受動的なニュアンスが強いのに比べて、“霊能者”は霊的な能力を意識的に使えるという自発的なニュアンスが強いのです。ただ、霊的な存在を自身の身体を使って語らせたりするいわゆる“霊媒”(ミーディアム)も多くは霊感体質であるとされています。また、神の言葉を人々に伝えるとされる預言者も多くの場合、霊感体質であるとされています。

日本では僧侶・神官・巫女・占い師・祈祷師などの職業をしている人の中に若干そういう人たちが存在するとされています。占いの中で特に霊感・霊能と関わりのあるものはタロット、易、水晶玉、水盤占いなどですが、少なくともタロットや易をするのに霊的な力は必須ではありません。逆にあまり霊感を使う者の少ない手相占いでも主に霊感によって占う者もいます。また、新興宗教の教祖には霊感体質とされる者やそう自称する者が多くいます。

青森県むつ市の恐山大祭の時に集まることでも知られる東北地方のイタコは多くが霊的な才能を持っているとされています。視力に障害を持つ人が多いのですが、一般に目や耳が不自由な人の中にはその感覚を補うために霊感が発達する人がいるとも言われています。

ただし、霊能者・霊感体質については、現在のところ科学的根拠はなく、科学的な見地の中には霊能者とされる者には脳の共感覚、重度の心因反応・感情障害・統合失調症・脳の器質的疾患などがあるという説や、霊能者はホット・リーディングという手法を行使しているという見方もあります。MRIなども活用した科学的検証を受けて、自らその霊能力を証明した霊能者は、現在のところ存在しません。

霊視とは?

霊視(れいし)とは、ある特定の人に備わった特殊な能力によって物理的、時間的に離れたものや出来事を見たり、あるいは他人の心の中を読み取ることができるとされる行為のことです。その能力を備えた人は霊能者と呼ばれることがあります。透視などと同義に扱われることもあるが、霊視という場合は主に死者や、過去世を扱うことが多く、一層オカルト色が強くなります。しかし、透視同様現代の科学においては、その存在は肯定も否定もされていません。

人間やその他の生物には肉体に霊が宿ることによって初めて存在できるとの考えを根底に、死後や生前にも霊が存在し、また生まれつき特殊の能力の備わった者や、宗教的な修行によって得た霊験を持った修験者などによって、それらを見たり感じたりすることができるとされ、古来より多くの霊能者と自称・他称する人々が存在し、迷信や死や死者に対する不安も相まって信じる人々が現代においても多くいます。

また、これらの能力があると称し、人々を欺瞞し金品を巻き上げる詐欺も後を絶たちません。

Favorite

アカラフォーミュラ

Last update:2019/1/25